確定申告とは

確定申告とは、その年の1月1日から12月31日までの期間に得た全ての収入や経費、各種控除等から『所得』を計算し、申告書を税務署へ提出し、税額を確定することです。
確定申告とは
多くの生命保険営業職員の皆様は毎月の事業収入(税込)のうちから、12万円を超える金額の10%を所得税として天引きされています。毎月一定の額を使用者から受け取る給与所得者と違い、費やす経費は人によりバラバラです。日々の経費を記帳し、正しい所得(事業収入ー経費)を申告することで、天引きされた税金が還付され、住民税も軽減される場合が多くあります。
青色申告制度
個人事業主の申告方法としては、『白色申告』と『青色申告』があります。当社では、一定水準の記帳をし、それに基づいて正しく申告すると、税的に有利な取り扱いを受けることができる『青色申告』、中でもメリットの大きい『青色65万円控除』を基本としております。税率10%の場合で、国・地方税をあわせて10万円以上税金が軽減され、当社会費や税理士の費用を差し引いても断然大きなメリットがあります。
青色申告をするためには
青色申告を行うためにはまず、所轄の税務署長から青色申告の承認を得る必要があります。その承認申請手続きは以下の通りです。
・新たに青色申告をされる人は、その年の3月15日までに「青色承認申請書」を所轄の税務署長に提出すること。
なお、その年の1月16日以降に開業した人は開業の日(登録日)から2ヶ月以内に申請すればよいことになっています。
※事前申請につきましては当社提携税理士が無料で代行させて頂きますので、該当の新人様は極力お早めに当社へご連絡下さい。